あぷろぐα

アクセスカウンタ

zoom RSS 路線価の調整率

<<   作成日時 : 2011/11/23 14:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

全く、機を逃してしまいましたが

11月1日に国税庁から路線価の調整率が発表されました



路線価とは、相続、遺贈又は贈与により取得した財産に係る

相続税及び贈与税の財産を評価する場合に適用される算定基準です。



毎年発表されるこの路線価は、その年の1月1日現在のものですから、

これに、本年の東日本大震災による被災地の地価変動を加味するものとして

発表されたのが、今回の「調整率」です。


つまり、今年の1月1日時点の路線価を

3月11日の東日本大震災直後の価格に

補正・修正するための率ということになります。


ということは・・・、

まだ原子力発電所事故が発生する前のものなのでしょうか。。。

画像


福島県では、津波等による被災地で、一番低くて0.3という数値が発表されました。


また、東京電力福島第1原発の周辺地域については

調整率の設定を断念する一方、課税上の土地評価額を「ゼロ」としています。

(詳しくは、国税庁のHPを)


ここで、誤解していけないのは、


市場で流通する土地価格がゼロになった訳ではなく


あくまでも、課税上の評価がゼロになったに過ぎない!


ということです

画像



どこかの新聞記事で、原発事故の影響については、

避難などによる人口流出と土地取引の減少を考慮したが、

放射性物質飛散の影響は「地価下落との関連が明らかでない」として

考慮していない的な内容の記事を目にしました。


では、地価下落との関連を明らかにできるのは誰なのか!!!!


それは、福島で活動する不動産鑑定士しかいないと思います。



価格形成要因らしき放射線が目の前にあり、


ここから目をそむけては、もはや鑑定士の存在意義はないに等しいでしょうね。


今、まさに福島県の不動産鑑定士が試されています!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
路線価の調整率 あぷろぐα/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる