あぷろぐα

アクセスカウンタ

zoom RSS 放射線測定実習を終えて

<<   作成日時 : 2011/05/20 12:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

5月19日(木)、(公財)福島県産業振興センターと福島県が主催する放射線測定講習会に参加してきました。

会場は郡山市の福島県ハイテクプラザ。

画像


本日で5回目の開催となりますが

定員30名。全10回を予定していますので

延べ300名が受講することになります。

画像


申し込みは1ヶ月以上前でしたので、やっと受講することが出来ました

画像


講師は、独立行政法人日本原子力研究開発機構

原子力緊急支援・研修センターの皆様。(JAEA)

画像


内容は、

  ・放射線の基礎知識等の講義
  
  ・空間線量の測定などの実習 の2部構成でした。

画像


実際に、測定器を使用して実習します。

画像


講義室の空間線量は0.7μSv/h程度でした
画像


放射線源に近づけると、4μSv/hまで上がります。線源はセシウムを使用。
画像


何より驚いたのは、測る場所によってほぼ同じエリアなのに

空間線量が全然異なることです。


外に出ての測定実習では、

空間線量は1.5μSv/h前後でした。(県の公表値とほぼ変わりません)

高さ1mでもアスファルト地表でもそれはあまり変化しませんでした。


しかし、芝生の上で測ると、2〜3μsV/hに上昇。

そして、写真のようにアスファルト上でも

風で砂等が運ばれて溜まってるようなところでは・・・
画像


画像


なんと、7μSv/hを超えてしまいました

その後排水溝を測ると、約11μSv/hも


わずか、5m四方程度の範囲内でもこれだけの線量の違いが。。。


今後、鑑定評価をするにあたっては、放射線の影響の程度を調査するという

未知の領域に踏みこまざるを得ないと考えています。


でも、実際には同じ敷地内でも測定箇所によって数値に大きな差異が生じます。


この辺の測定ルール作りも福島県の鑑定士が

担いを負う必要があるのではないかと強く感じます。


でも、どうする???

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
放射線量と価格の関係のアンケートに投票しました。基本的には値段はつかないと思います。一層のこと全て国有化しますか?
Aライ
2011/05/25 06:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射線測定実習を終えて あぷろぐα/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる